結納金が高くても、これなら大丈夫です。

結納金が高くて払えない、という方は多いようです。結納金が払えないと相手方に大変失礼ですし、結婚自体が危うくなることもあります。

 

ご存じでしょうか?自分名義のクレジットカードがあれば、ショッピング枠内で即時現金を手元に用意することができるのです。

 

これが 一番簡単に結納金を用意する方法 です。

 

もちろん合法なので堂々と現金を手にできます。それでは、この方法を解説していきますね。

 

お急ぎの方和光クレジット公式サイト

 

 

一番簡単に結納金を用意する方法

誰にも頭を下げないで

今すぐ結納金を用意して

彼女を安心させてあげたい!

 

 

という方へ、クレジットカード現金化というシステムを簡単に説明したいと思います。

 

クレジットカード現金化とは

ショッピング枠を利用限度として「商品購入から買い取り」を一括して行ってくれるので、即時現金を受け取れるというサービスです。

 

購入した商品の発送は行われないので、自宅に商品が届いて家族にばれるという心配もありません。

 

カード会社への支払いは、分割払いやリボ払いを選択できます。消費者金融への返済に比べて非常に楽ですし、余裕をもってストレスなく支払いができます。

 

利用の流れ

1 申し込む

公式サイトの「お申込みフォームはこちら」というオレンジ色のボタンから申し込みます。

 

2 決済手続き

ネットショップで買い物して、クレジットカードで決済します。

 

3 振込まれる

買い物終了後、最短5分で指定口座に現金が振り込まれます。

 

4 結納金を払う

現金が用意できたら、結納の日程を決められます。

 

公式サイトでは24時間受付中です。
↓  ↓  ↓  ↓  ↓

クレジットカード現金化優良店和光クレジット

 

 

結納金の相場はどれぐらい?

結納金は、嫁ぐ際の支度金という意味合いで男性側から女性側へ贈られるお金です。婿養子に入る場合は逆になります。

 

結納金の金額の相場には地域差がありますが、給料の2〜3ヶ月分というのが一般的です。具体的には50〜150万円が大半を占めていますので、100万円程度準備できれば大丈夫でしょう。

 

地域別結納金相場

各地の結納金相場は次の通りです。

 

北海道の結納金相場  111万円
沖縄の結納金相場   87万円
大阪の結納金相場   84万円
九州の結納金相場   87万円
長崎の結納金相場   87万円
東京の結納金相場   104万円
福岡の結納金相場   87万円
名古屋の結納金相場  92万円
長野の結納金相場   85万円
青森の結納金相場   123万円
群馬の結納金相場   56万円

 

最も高額なのは、青森・秋田・岩手の123万円です。最も低額なのは、群馬・茨城・栃木の56万円です。

 

2倍以上の差がありますから、地域差は馬鹿にできません。東北地方からお嫁さんをもらうのは高くつくということでしょうか?

 

そうではないようです。なぜなら、基本的に結納金の金額を決めるのは男性側だからです。

 

東北の男性と結婚すると高額な結納金が女性側に支払われるという感じでしょう。

 

略式結納の流れ

略式結納とは、仲人を立てない結納です。最近は略式結納が一般的になってきました。

 

略式結納の流れをご紹介します。

 

結納品を飾る
男性側
結納会場に入り、結納品を上座に飾ります。
女性側
男性側が結納品を飾り終えてから会場に入って結納品を飾ります。

 

挨拶と着席
男性の父親
挨拶をします。
全員
着席します。

 

男性側からの結納品を女性側に納める
男性の母親
女性の前に結納品を台ごと運んで一礼します。
男性の父親
「この度は○○と○○さんの結婚をお許し頂きまして、誠にありがとうございました。結納の品を持参いたしましたので幾久しくお納めください」と口上を述べます。
女性側
礼をします。

 

女性側が目録に目を通す
女性
結納品の中から目録を取り目を通します。
女性の父親
目録に目を通します。
女性の母親
目録に目を通し、「○○様のご結納、幾久しく納めさせていただきます」とお礼を述べます。

 

女性側の受書を男性側に渡す
女性の母親
贈られた結納品を上座に運び、受書を男性の前に持っていきます。

 

女性側からの結納品を男性側に納める
女性の母親
男性の前に結納品を台ごと運びます。

 

男性側が目録に目を通す
男性
結納品の中から目録を取り目を通します。
男性の父親
目録に目を通します。
男性の母親
目録に目を通します。

 

男性側の受書を女性側に渡す
男性の母親
贈られた結納品を上座に運び、受書を女性の前に持って行きます。

 

結びの挨拶をする
男性の父親
結びの挨拶とお礼を述べます。
女性の父親
返礼の挨拶をします。
全員
深く礼をします。

 

以上で結納式は終了です。

 

結納の間は、決まった口上以外はほとんど口をききません。暗記して言えるか心配な場合は、メモを見ながらでも大丈夫です。