結納金の相場が知りたい ※地域別

女性側の田舎の相場が自分のところより高かった場合は、円満に事を進めるために相手に合わせた結納金を準備すべきなのでしょうか。

 

そうではないようです。基本的に結納金の金額を決めるのは男性側です。

 

地域別の結納金の相場と、一番簡単に結納金を用意する方法をご紹介します。

 

お急ぎの方一番簡単に結納金を用意する方法

 

 

 

 

地域別結納金相場

各地の結納金相場は次の通りです。

 

北海道の結納金相場  111万円
沖縄の結納金相場   87万円
大阪の結納金相場   84万円
九州の結納金相場   87万円
長崎の結納金相場   87万円
東京の結納金相場   104万円
福岡の結納金相場   87万円
名古屋の結納金相場  92万円
長野の結納金相場   85万円
青森の結納金相場   123万円
群馬の結納金相場   56万円

 

最も高額なのは、青森・秋田・岩手の123万円です。最も低額なのは、群馬・茨城・栃木の56万円です。

 

2倍以上の差がありますから、地域差は馬鹿にできません。東北地方からお嫁さんをもらうのは高くつくということでしょうか?

 

そうではないようです。なぜなら、基本的に結納金の金額を決めるのは男性側だからです。

 

東北の男性と結婚すると高額な結納金が女性側に支払われるという感じでしょう。

 

結納金を全額用意できますか?

結納金の金額の相場には地域差がありますが、給料の2〜3ヶ月分というのが一般的です。具体的には50〜150万円が大半を占めていますので、100万円程度準備できれば大丈夫でしょう。

 

ただ、100万円をポンッと出せる人は少ないはずです。「50万円は貯金から出せるけど、残りはどうにかしなければ…」というケースが多いと思います。

 

実家に頼れる立場の男性は、ご両親に頭を下げて援助してもらうのもいいでしょう。それができない方は、こちらの記事をご覧ください。
↓ ↓ ↓ ↓ ↓
一番簡単に結納金を用意する方法

 

 

 

 

結納式とは

結納式の準備は、結婚式の準備と平行して進めなければなりません。結納式は両家の親同士を合わせる大事な場だからです。

 

結納式とは

結納式とは、婚約の儀式です。昔からの伝統に則って、女性側の実家を男性側が両親と共に訪問し結納品を納め、その後結納返しを女性側が行います。

 

結納パック

ホテルのレストランではブライダルパックとして「結納パック」などを準備しているので、ホテルで簡単に結納式を行うカップルも増えています。

 

ホテルならば食事も用意されるし、結納の仕切りもホテル側が行ってくれるので楽ですね。

 

また結納と結納返しを二回行う必要がなく、ホテルで一度にまとめて行えるのも便利です。

 

簡略結納

簡略化した形の結納の場合、レストランで両家の顔合わせの食事会程度で、結納品はなく婚約指輪や記念品の交換だけという方法も増えています。

 

とはいえ、「結納」を行うカップルは4組に1組と意外に多いのが現状です。

 

両家の話し合い

結納を行うかどうか、また行う際の形式についても、きちんと両家で話し合って決めましょう。

 

仲人

仲人を依頼する場合は、結納に仲人も呼ぶ必要がありますからスケジュール調整が必要です。

 

結納式の時期

結納は結婚式の6ヶ月前、遅くとも3ヶ月前までに行うようにします。

 

結納式の衣装

男性はスーツを着ます。女性は振袖などの和服、スーツ、フォーマルなワンピースなどを着ます。

 

結納式の費用

費用の目安は次の通りです。

  • 食事代込みの会場代  約14万円
  • 結納品  約20万円
  • 結納金  平均80万円
  • 結納返し  平均30万円

両家相殺分を考えて130万円程度かかるのが平均的金額です。